1. ホーム
  2. Information [パロマ工業製瞬間湯沸器の点検について]

Information

パロマ工業製瞬間湯沸器の点検について

(2006年7月26日)

 この度、パロマ工業株式会社製の屋内設置型湯沸器における排気ファン作動不良による一酸化炭素中毒事故の発生が判明いたしました。当社ではお客さまの安全を第一に考え、7月16日より、株式会社パロマとともに、対象機器をお使いと思われる当社のお客さまについて訪問巡回し、点検作業を実施しております。なお、対象機器による当社お客さまにおける事故は発生しておりません。

対象機器 半密閉式瞬間湯沸器(製造期間:昭和55年〜平成元年)
型式 PH-81F、PH-82F、PH-101F、PH-102F、PH-131F、PH-132F、PH-161F

 当社のLPガスをご使用のお客様で、上記対象機器は7台です。お客さまに対しましては、機器の点検を実施させていただきました。その結果、全ての対象機器において不正改造はなされておらず、適正に作動していることを確認しております。

 今後は、対象機器の無償交換を進めてまいります。お客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願い申しあげます。

 なお、当社からのご案内にかかわらず、上記の対象機器をお持ちの場合には、下記「株式会社パロマ 専用相談窓口」へご連絡をお願いいたします。お使いの際、排気ファンが作動しない場合は、ただちにご使用を中止してください。また、お客さまの機器所有情報等は、ガスの安全なご使用を確保するため、株式会社パロマに提供させていただきました。

※ 当社の社員は身分証明書を携帯しておりますので、お求めがあればいつでもご提示いたします。また、当該機器に関する調査等に際し、当社が費用を請求することはございません。

<株式会社パロマ 専用相談窓口> フリーダイヤル0120-314-552(24時間受付)